エンジニアの転職における適正年齢とは?

エンジニアが転職を考える上で非常に重要な要素が“年齢”です。

エンジニアの転職における適正年齢を知ることで、未経験のエンジニアにとってもそれまでの期間に実績・実力を積み上げるための指針となります。

今回はエンジニアの転職における年齢別の難易度をチェックして、適正年齢を割り出しましょう。

エンジニアの転職における年齢別の難易度①20代

20代のエンジニアの転職は、経験者であればそれほど難しくありません。

なぜかと言うと20代の若いエンジニアであっても、基礎知識があればすぐにスキルアップが見込める為、企業にとって需要が多いのです。

転職して、いきなり重要なポストを任されることは少ないかも知れませんが、転職自体の難易度は低いと言えるでしょう。

また未経験からエンジニアに転職したいという20代の方であっても、“教育次第で戦力になる”という考えの企業は多い為、転職の難易度は決して高くありません。

エンジニアの転職における年齢別の難易度②30代

30代に突入すると、エンジニアの転職における難易度は一気に高くなります。

なぜかと言うと、企業が30代のエンジニアを受け入れる際に求める経験・スキルのハードルが上がるためです。

したがって、エンジニアとして20代をどのように過ごすかというのは、30代の転職に大きく関わってくるのです。

企業は30代のエンジニアに対して、“即戦力”としての活躍を求める場合が多いです。

エンジニアとしての実績プラス、管理職等の経験があれば、非常に転職は有利になるでしょう。

そして未経験からエンジニアに転職したい場合、30代ではかなり厳しくなります。

企業でエンジニアとして勤務した経験がなくても、スクール等で最低限のスキルを身に付けている方であれば、少しは希望も出てくるでしょう。

エンジニアの転職における年齢別の難易度③40代

40代のエンジニアが転職する場合、エンジニアとしての実績はもちろん、“どれだけ企業利益に貢献したか”という点もチェックされることになります。

したがって、30代と比較するとまたさらにハードルが上がることになるでしょう。

また40代のエンジニアは、すでに何回か転職を経験している場合もあります。

それぞれの勤務先でマネジメントスキルを身に付けている場合は、転職先でもある程度の地位を保ちやすいと言えます。

【結論】エンジニアの転職における適正年齢は何歳なのか?

上記の年齢別の難易度を踏まえると、エンジニアの転職における適正年齢は20代後半~30歳と言えるでしょう。

20代は実績が不足していても、ある程度企業側の需要があります。

ただ30代になると、エンジニアとしての実績を求める企業が急激に増加します。

つまりエンジニアとしての経験もある程度積んでおり、なおかつまだ年齢が若い20代後半~30歳が、1番転職に適している年齢と言えるのです。

ただ20代後半~30歳と言っても、20代の内にエンジニアとしての経験を積んでいることが前提です。

大卒のエンジニアであれば、就職してから5~6年の間に順調に実績を積むことで、より一層20代後半~30歳が転職に適した年齢となります。

まとめ

エンジニアの転職における適正年齢は20代後半~30歳という結論に至りましたが、その年齢以外のエンジニアの需要も決して少なくありません。

ただ実績がないエンジニアを比較したとき、圧倒的に転職に有利なのはやはり20代の若いエンジニアでしょう。

エンジニアと一口に言っても、細分化するとその役割はさまざまです。

したがって実績を積んでいるうちに、徐々に自分がやりたい分野が変わっていく場合もあります。

やりたい分野が変わってもエンジニアとしての実績がリセットされないように、若い内から積極的に資格を取得するべきでしょう。

自分がやりたい仕事ができている方はほんの一握りですが、努力を惜しまなければきっと実現できます。