読まれるWebメディアを作るための具体的な施策・方法とは?

インターネットが普及するにつれて、ブログサービス等を利用するウェブ上のメディアが増えてきました。個人だけでなく多数の企業がWebメディアを立ち上げています。

ユーザーに読まれる記事を公開して収益を上げるためには、どのようなメディアを作成すればよいのでしょうか。今回の記事では、読まれるメディアを作るための具体的な方法を解説していきます。

記事の質を上げる

以前のWebメディアは、質よりも量を重視していました。検索エンジンが、文字数の多いページや記事数の多いサイトを上位表示したためです。その結果、メディアはとにかく記事を量産し、ウェブ上には質の低い記事が溢れる結果になりました。

現在は、検索エンジンも改善され、以前と比べて記事の質が重視される傾向にあります。ユーザーが興味ある記事や役に立つ記事を書き、閲覧者の満足度を高める工夫が必要です。

検索エンジンに効果的なキーワードを設定する

閲覧者のほとんどは検索エンジンを経由してやってきます。そこで重要なのがキーワードの設定です。検索エンジンでユーザーは、いくつかのキーワードを打ち込み検索します。ユーザーが検索するであろうキーワードを調査して設定することが大切です。

キーワードを設定した後は、ブログ記事の文章に配置していきます。この際に注意するべきことは、文章が不自然にならないことです。キーワードを違和感なく使用して、ユーザーの役に立つ内容の記事を書きましょう。

ユーザーがクリックしたくなるタイトルを考える

Webメディアの記事をユーザーに読んでもらうにあたり、特に大切なのがタイトルの設定です。ユーザーはタイトルを見て数秒で、読むかどうかを判断します。タイトルが悪いとそもそも記事を読んでもらえません。

タイトルを設定する際には、感想や結論を見たくなる工夫が必要になります。記事へとユーザーを誘導できるように、思わずクリックしたくなるタイトルを考えましょう。

また、記事の内容の全てを表すタイトルは避けます。例えば、「読まれるメディアを作るためには、タイトルとキーワード設定が大切」のようなタイトルだと、記事を読む前に結論が分かってしまいます。記事の本文を読むことで、ユーザーが必要な情報を得られるようにします。

ユーザーにメディア内を周回させる

Webメディアのページビューを増やすために重要なのが、訪問者をメディア内で回す工夫です。例えば、人気記事や類似記事の一覧表示は、訪問者の滞在時間を延ばすために効果的です。

さらに、記事内の文章には積極的にリンクを張りましょう。メディアのページビューを増やすだけでなく、ユーザー満足度の向上も期待できます。

文章だけでなく画像を挟む

ブログの記事が文章だけだと、読者は途中で飽きてしまいます。文章の途中に画像を配置して、読むのに飽きさせない工夫を施しましょう。

また、画像にはユーザーにイメージを膨らませて文章を分かりやすくする効果があります。そのため、文章とテーマが一致した画像を選びましょう。

行動心理学を応用する

ブログの記事を執筆する際には、行動心理学を応用することも重要です。例えば、読者のターゲットを具体的に絞ると、記事が自分に向けて書かれているような印象を与えます。

また、大事な言葉や文章を装飾して強調させると、伝えたいことが明確になります。ただし、文章中に装飾文字が多すぎると乱雑な印象を与えるため、使い過ぎには注意が必要です。

まとめ

現在、Webメディアの運営はたくさんの企業が参入しています。これから、知名度を獲得していくためには、質と量の両方を充実させることが重要です。

ユーザーに、知的好奇心をくすぐる情報やメディア独自の情報を多数提供していきましょう。訪問者の満足度を向上させることが、ページビューの増加に繋がります。